営業を効率化させるおすすめツール10選

最終更新
2022/2/25 9:34
プロパティ
kengo
「営業を効率化させるツールってどんな種類があるの?」
「どのツールを使えば良いのか分からない…。」
「自社に合うツールや実際の機能・予算まで詳しく知りたい」
営業効率化ツールの種類が多く、どのツールが自社に合うのか分かりませんよね。
そこでこの記事では、以下の2つについて紹介します。
  • 営業を効率化させるツールの種類とは?
  • 営業効率化ツールおすすめ10選
この記事を参考に、貴社にとって最適なツールを選び、営業の効率化ができるようになりましょう。

営業を効率化させるツールの種類とは?

営業効率化ツールは様々な種類があり、どれを選んだら良いか迷う人も多いのでないでしょうか。
そこでまずは、以下の3種類の営業効率化ツールを理解しておきましょう。
  1. マーケティング業務自動化システム(MA)
  1. 営業支援システム(SFA)
  1. 顧客管理システム(CRM)
営業プロセスにおいてこれら3つのツールは、それぞれ異なる領域の効率化を担っています。
マーケティング業務自動化システム(MA)は戦略と集客、営業支援システム(SFA)は営業行動、顧客管理システム(CRM)は顧客と関係性の効率化に役立ちます。
では、各ツールの特徴について詳しく見ていきましょう。

1. マーケティング業務自動化システム(MA)

マーケティング業務自動化システム(MA)とは、マーケティング活動を自動化するツールです。顧客データの収集をして、個別性のあるコミュニケーションと育成ができます。
また、見込み客の行動を追跡できるため、マーケティング活動の分析がしやすくなるメリットもあります。

2. 営業支援システム(SFA)

営業支援システム(SFA)とは、営業活動を支援するシステムのことです。日頃の営業データを分析し、効率的な営業行動を導き出します。個人の営業スキルやノウハウなどに依存せず、効率的な営業方法をマニュアル化できることが特徴です。
また、営業データが可視化されることで営業マンのモチベーションが上がることや、業務改善がしやすくなるメリットもあります。

3. 顧客管理システム(CRM)

顧客管理システム(CRM)とは、顧客データを一括管理するシステムのことです。顧客との関係性を向上し、利益を最大化させます。
顧客データを元に個別性のある効果的なアプローチが可能となります。また、状況に応じて優先すべき顧客を割り出すこともできるのです。

営業効率化ツールおすすめ10選

この章では、MA・SFA・CRMのおすすめのツール10選について紹介します。
製品の特徴・利用料金、どんな企業におすすめなのかまで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

営業支援システムでおすすめのツール

営業支援ツールは、以下の3つがおすすめです。
  1. Sales Cloud
  1. eセールスマネージャー
  1. Senses(センシーズ)
では、順番に解説します。

1. Sales Cloud

利用料金:月額3,000円〜(無料トライアルあり)
Sales Cloud
Sales Cloud
 
Sales Cloudの特徴は、顧客をリスト化して場所と時間にとらわれない営業活動ができることです。進捗状況を可視化することでスムーズに商談を進めることや、部下への具体的なアドバイスもしやすくなります。
また、契約が取れそうな案件の優先順位をAIが算出するため、成約率の向上やリスト作成の手間も省けます。そのため、人数の少ない中小企業でも導入しやすいツールになります。

2. eセールスマネージャー

参考サイト:https://www.e-sales.jp/
利用料金:月額3,000円〜
eセールスマネージャー
eセールスマネージャー
eセールスマネージャーの特徴は、営業工数を減らすシングルインプットシステムを採用していることです。1回のデータ入力をするだけで、その後のタイムライン・商談リスト・顧客データなどの様々な媒体に反映することができます。
また、専属チームによるフォロー体制が整っており、システム導入から定着までサポートしてくれます。そのため、システムに詳しくなくても安心して導入可能。
「システムの導入を検討しているけど、使いこなせるか不安」という企業におすすめです。

3. Senses(センシーズ)

利用料金:月額25,000円〜(無料トライアルあり)
Senses
Senses
Senses(センシーズ)の特徴は、マーケティングから顧客管理までのビジネスプロセスを一括で管理できることです。つまり、SFAとCRMの両方が備わっているということです。
新規顧客データについても企業データベース機能により、一瞬で取引先の自動収集や業界情報、プレスリリースなどの自動アップデートの確認もできます。
顧客データ収集に課題がある企業は、導入を検討してみるのも良いでしょう。

顧客管理システムでおすすめのツール

顧客管理システムは、以下の3つがおすすめです。
  1. Oracle CRM
  1. GEOCRM
  1. sansan
では、順番に解説します。

1. Oracle CRM

利用料金:要問い合わせ
Oracle CRM
Oracle CRM
Oracle CRMの特徴は、クラウド型(オンラインサーバー上でサービスを提供)とオンプレミス型(社内サーバー上で自社運用)の2種類から選べることです。自社管理がしたいという企業ニーズに答えたCRMシステムなのです。
また顧客データを活用することで、最適なマーケティング戦略を算出できます。
そのため、オンプレミス型で顧客データを管理し、業績の向上を図りたい企業におすすめです。

2. GEOCRM

参考サイト:https://ksj.co.jp/
GEO CRM
GEO CRM
利用料金:月額1,800円〜
GEOCRMの特徴は、スマートフォンで取得したGPS情報を元に、次の訪問先をリスト化できることです。MAP上に訪問先が表示されるため、無駄のない営業ルートで回ることができます。
また、一度ヒアリングした顧客情報をデータベース化しているため、チームで情報共有もできます。そのため、急な訪問でも顧客データを元に個別性のある営業が可能となります。
営業にかかる時間コストの削減がしたい企業におすすめです。

3. sansan

参考サイト:https://jp.sansan.com/
利用料金:月額4,400円〜
sansan
sansan
sansanは法人向け名刺管理サービスです。名刺送付用のURLやQRコードで簡単に名刺交換ができ、オンライン営業の円滑化が図れることが特徴です。
また、部署・役職ごとに動向を可視化できるため営業先のバッティング予防、各顧客に対して組織的な営業活動が可能となります。クラウドサインと提携しているため、契約もスムーズに行えます。
今後オンライン営業にも力を入れたい企業におすすめです。

業務自動化システムでおすすめのツール

顧客管理システムは、以下の4つがおすすめです。
  1. Marketo(マルケト)
  1. Salesforce Pardot
  1. Aimstar
  1. Synergy!
では、順番に解説します。

1. Marketo(マルケト)

参考サイト:https://jp.marketo.com/
利用料金:要問い合わせ
marketo
marketo
Marketoは世界的にも有名なAdobe社の製品になります。特徴は、ベストプラクティスの共有と可視化ができることです。
顧客とのコミュニケーション方法をテンプレート化できます。そのため、コミュニケーションコストの削減ができるでしょう。
また社内でベストプラクティスとして共有し、顧客との良質なコミュニケーションの維持・向上ができることもメリットです。

2. Salesforce Pardot

利用料金:月額150,000円〜
Salesforece Pardot
Salesforece Pardot
Salesforce Pardotの特徴は、反復的なマーケティング活動を自動化できることです。そのため、マーケティング担当者はプロジェクトに当てる時間を確保でき、効率性と生産性を上げることができます。
また、対象を絞ったマーケティングキャンペーンができるため、質の高い顧客を安定供給できることもメリットです。
マーケティング活動の自動化と質の高い顧客の獲得を目指したい企業におすすめです。

3. Aimstar

利用料金:要問い合わせ
Aimster
Aimster
Aimstarの特徴は、売上拡大のために今必要なマーケティング戦略の分析やECサイトにおけるカゴ落ちをメールでフォローするなど機会損失の予防ができることです。
また大規模データ、マルチチャネル連携に対応しており、B to Cの継続的な売上拡大を目指せます。

4. Synergy!

利用料金:要問い合わせ
Synergy!
Synergy!
操作性を徹底的に追求したツールにしたいならSynergy!がおすすめです。初心者でも短時間で操作できる画面デザインとなっています。
また、定期的に使いやすさを検証するユーザーテストを行い、マニュアルを見なくても効率的に操作できる設計になっています。
初心者でも簡単に操作ができるツールを探している企業は、導入を検討してみても良いでしょう。

まとめ

以上、3種類の営業効率化ツールとおすすめ10選について解説ました。
本記事の内容を以下にまとめます。
  • 営業効率化ツールは、MA・SFA・CRMの3種類
  • マーケティング業務自動化システム(MA)は効果的な戦略や集客ができる
  • 営業支援システム(SFA)はビジネスマンの営業行動の効率化ができる
  • 顧客管理システム(CRM)は顧客と関係性を管理できる
  • それぞれの営業効率化ツールの特徴を踏まえて選ぶことが重要
効率化ツールを導入し効果的な営業をすることで、業績を上げることもできます。
この記事を参考に、各ツールの特徴を比較し、貴社に最適な営業効率化ツールを選んでください。
 

日程調整で時間を無駄にしていませんか?

日程調整のニッテを使えばビジネスにおける日程調整の時間とストレスを95%削減。
あなたの日程調整業務を大幅に改善できます。